クレジットカードの現金化は、非常に便利ですぐにお金が必要な時に使うことが出来ます。
昨今は、特に消費者金融になり代わる物としても注目を受けているのですが、どんなところが便利なのかということを解説していきましょう。

全国どこでも取り扱える

クレジットカード現金化の利点は、実は即日取引などの素早い手続き以外にも沢山あるんです。
その中の一つが、全国どこからでも利用することが出来る、ということです。
消費者金融だと、無人店舗なり店舗がないとまず契約をするのが出来ないこともあります。
しかし、クレジットカード現金化の場合は全て取引はインターネット上もしくは電話のみで行われますので、場所を選ばないため知覚に店舗がないような状況であっても、特に問題なく取引をする事が出来る、というメリットがあります。

お金のやり取りについて

基本的に、クレジットカード現金化はお金のやり取りやクレジットカード決済の買い物についても、インターネット上で行うので実際に店舗に来店する必要もありません。
まず、カードでインターネット決済をしたらその後に指定口座を此方が相手に伝える事で、そのままその口座に入金をして貰う形でお金を受け取ることになります。
なので、お金の受取も自分の口座が利用できる銀行口座のATMないし店舗があればそこで受け取る事が出来ます。

場所を選ばない良さ

店舗などに来店が必要ないのでそれこそ地方で消費者金融もあまりないようなところなんかでも利用する事が出来る、というところがクレジットカード現金化の地味なよさです。
地方に住んでいると、そういう機関を利用するのに不便だったのですが、現金化ならば悩まされる心配もなくて便利ですね。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードさえ所持していれば誰にでも利用する事ができます。
消費者金融などで、審査が通らない人なんかでも実は利用する事が出来るので、今回はそんなこんな人も使えるの?という人を紹介していきます。

クレジットカードの現金化はこんな人でも使える

まず、先程も言ったとおり消費者金融などで借り入れをしようとしたけど審査が通らなかった人ですね。
クレジットカードの現金化は金融業ではありませんので、まず使用する前の審査がありません。
なので、基本的にはクレジットカードが非対応の物だったりしなければ申し込みをしてから断られる、ということはないんですね。
なので、既に他の金融会社などで借り入れをしていたりしている場合でも、クレジットカードの現金化を利用するのは特に問題がないのです。

もしもこんな状況でも使えるか

例えば、収入が低い、安定していないというような消費者金融の審査でも通りにくいようなケースでもクレジットカード現金化は使えます。
後は、クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいになっているというようなケースであっても問題はありません。
あくまで、クレジットカードの現金化はショッピング枠で行う物なので、ショッピング枠に空きがあればその分だけは現金化をすることが出来るようになっています。

逆に使えない場合

クレジットカード現金化は、比較的使用することのハードルは低い方なのですが誰にでも無条件で使うことが出来るわけではありません。
先程も言ったとおり、ショッピング枠を現金化するものなのでショッピング枠もいっぱいになっている場合やそもそもクレジットカードを持っていない場合も使えません。

クレジットカード現金化は、スピーディな取引が売りになっているところがありますが、それ以外にも実はあまり目立っていないけど便利なことが沢山あるんですね。
今回は、そんな利便性についてを細かく解説していきましょう。

クレジットカード現金化は場所を選ばない

クレジットカード現金化を利用する時、地味に便利なのが場所を選ばないということです。
これは、店舗などにいなくても良い上に基本的には実際のやり取り手順がとても少ないからなのです。
例えば、実際にやることは申込み、本人確認の書類提出、そして取引の説明、指定口座番号の送付、そして決済の手続き。
これだけですからね、間に審査が入ったりすることもなければその間、どこかで待たされることもありませんし、長時間拘束を受けることもありませんので、それこそ携帯電話を持っていれば出先でも利用できるのです。

急にお金が必要になった時

例えば、仕事中に会社で急に仕事終わりに飲み会が予定されたりして、お金がいま財布にないのに必要になる時ってありますよね。
そういう時でも、仕事先から携帯電話でクレジットカードの現金化を申し込み、休憩時間などを利用して5分程度で取引確認をしてから、後は送金を待っていればいい、というような使い方をすることも出来るのです。
本当に咄嗟の時に使う事が出来る、というのが強みですね。

使いたい時に使える

金策など、消費者金融などはまず使い始める時にやたらと時間がかかるというところが面倒でしたね。
しかし、クレジットカードの現金化ならば初回利用でも実際の取引にかかる時間は数分なので、後は待つだけという時間も多くそれを利用すれば仕事中だったりする時も利用出来ます。

クレジットカードの現金化は、手数料などがかかってしまうため実際にクレジットカード決済した金額よりも手に入る金額は少なくなります。
しかし、手数料がかかる分手軽かつ迅速に現金を手に入れる事が出来るという魅力があります。

クレジットカード現金化の利便性

カードの現金化の利便性を語る上で一番重要になって来るのは、何と言っても取引がスムーズなことですね。
例えば、消費者金融を利用しようとすると利用し始めには個人情報の照会をしてから、審査などが入ったりして即日で出来るにしても結構な時間がかかりますし、その間店舗での依頼だと拘束時間もそこそこ長いです。
逆に、ネット申し込みなどだと今度は審査などに数日かかったりもしますのでスムーズな取引をすることが出来ません。
しかし、現金化ならば基本的には即日で取引を完了する事が出来ます。

審査がいらないので誰でも利用出来る

そして、もう一つの利点がクレジットカード現金化の場合は消費者金融と違って利用するのに審査が必要ないんですね。
なので、消費者金融では審査で落ちてしまって利用する事が出来なかった、という人であっても利用する事が出来るハードルの低さも利便性の一つですね。
ただ、誰でも利用する事が出来るとは言ってもクレジットカードを所持していないといけないし、ショッピング枠があいていないといけないので無条件で使える、というわけではないので注意してください。

クレジットカード現金化を有効活用

カードは、即日で誰でも利用する事が出来るという非常に大きな利点を持っているのです。
特に、現金が早急に必要な時というのはやっぱりすぐに手に入れる事ができるかどうかは大きなポイントになってきますね。

クレジットカードの現金化は、ことここ最近でよく話題に出てくるようになりましたね。
しかし、そもそもこれはどういう時に使う事が出来る物なのか、どんな使い方をするものなのかわからない人もいるでしょう。
そんな人のためのカード現金化の使い道を紹介します。

こんな時に使えるカード現金化

昨今は、大抵のお店でクレジットカードのショッピング決済が出来るようになってきたこともあって、現金がなくてもとりあえずクレジットカードがあればどうにかなるという状態で、現金化はどんな時に使うのでしょうか。
やはり、一番多いのは必ずまとまった現金が必要になる冠婚葬祭などが近々に決まってしまった時ですね。
こういう時はある程度まとめた現金が急いで必要になるため、ご祝儀や香典の用意をしなければいけない時に意外と使うことが出来るんです。

クレジットカード現金化を少し使う場合

まとまったお金だけでなく、例えば会社帰りの割り勘の飲み会や学生時代の友人が遊びに来たり、誘われた場合なんかは会費や参加費用が必要になりますね。
これも、クレジットカードでは支払いをすることが出来ないため、カード現金化を利用すれば財布の中身が心もとないときなんかにも便利ですね。
他にも、コンビニ払い指定にしている公共料金の支払いが必要な時などにも同様に使う事が出来ます。

計画的に利用しよう

こんな風に便利に使う事が出来るクレジットカード現金化ですが、やることはクレジットカードで買い物をする、というわけですからその分当然次の月に請求が来るわけです。
なので、クレジットカードの決済支払に関してはきちんとしないといけないので、あくまで緊急用として堅実かつ計画的に利用するように気をつけましょう。